CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECOMMEND
LINKS
Twitter & instagram
Googlebot

Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Counter


Recommend
Ranking


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ

にほんブログ村 恋愛ブログへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月〜17年3月生まれの子へ

vにほんブログ村

くる天 人気ブログランキング


恋愛・結婚

OTHERS



2013年に国際結婚した日韓夫婦です
ソウルでの新婚生活数年を経てコヤン市に引っ越し
2016年には日韓ハーフの娘(柚:ゆず)を出産
現在は相方と柚、愛猫のうどんさんとの3人と一匹暮らしです
日韓夫婦の日韓子育てドタバタ生活記録
2016年生まれのお子さんを持つかた
お気軽にコメントいただけると嬉しいです
2017年06月28日のつぶやき

15:57
麗水(ヨス)旅行に行ってきました 1 https://t.co/o7nGIpaODF #jugem_blog
16:50
柚と一緒に孤独のグルメseason6を見ているのだけど、ハッとして横を見たら柚がヨダレを垂らしていた。。。 さすが胎教ミュージックが孤独のグルメだった女。。。興味津々の上に共感性ガチ高し。。 やはりわたしの娘。。。
16:54
こちら、ヨス旅行中、鱧しゃぶを目の前にしてヨダレを垂らしてしまった柚さん(生後9ヶ月)。 https://t.co/sVRMe9jdrB
23:23
ほ、ほ、ほしい。。。。щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!! https://t.co/RYdF0k2qsB


| - | 03:20 | - | - |
麗水(ヨス)旅行に行ってきました 1

JUGEMテーマ:海外生活

JUGEMテーマ:育児

JUGEMテーマ:韓国

JUGEMテーマ:国際結婚

JUGEMテーマ:日々徒然

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:日韓カップル

JUGEMテーマ:旅行

 

ヨス

 

 

25,26の二日間、麗水(ヨス)に家族旅行に行ってきました。

 

ヨスといえば2012年にエキスポが開催された場所。

 

今はその跡地が残っています。

 

私たちの場合は、そのエキスポ跡地に用があったのではなく

 

知り合いがヨスに引っ越したので会いに行ってきたのです。

 

せっかくの旅行なので観光もできればいいのですが

 

暑いし、柚もいるし、何といっても1泊2日の弾丸旅行なので

 

目的1→友人家族に会う

 

目的2→ヨスの美味しいものを食べる

 

と、目的を2点にぎゅっと絞った家族旅行になりました。

 

海辺の町に行ったけど海辺にはほとんど行かず

 

タクシーやホテルの窓からチラッと見ただけ!!

 

それでも、目的はすべて達成して大満足の旅になりました。

 

柚・私・相方3人での純粋な家族旅行は今回のこの旅行が初めてで

 

大丈夫だろうかとドキドキでしたが何とかなりました。

 

では、思い出の記録も兼ねて、旅行記を書いてみようと思います。

 

 

6月25日 ヨス1日目 (日曜日:曇り)

 

本来ならば土・日の週末に旅行に行こうと計画していたのですが

 

相方の急な仕事の都合で土壇場になって日・月に旅行日程が変更になりました。

 

(最近このパターン多い。。。。(-_-))

 

なので、当初は昼前にヨスに着くKTXの切符を準備していたのですが

 

結局は13時にヨスに到着するという、

 

何とも中途半端な時間帯のKTXになりました。

 

私たちは、ヨンサン駅やソウル駅ではなく

 

家から近いヘンシン(幸信)駅からKTXに乗ります。

 

そこからヨスエキスポ駅までは片道3時間20分。

 

相方が家族車両を予約してくれてはいるのですが

 

 

3時間20分は長いネ!!!.°(ಗдಗ。)°.

 

 

よく考えたら金浦から関空までの飛行時間よりも長いですよ。。。

 

最短1時間40分もあれば着きますからね、飛行機。

 

運よく寝てくれたら最高ですけど、もちろんそんな幸運は起きず。。。

 

じっとすることが全くできない赤子を連れての片道3時間20分は

 

これはもう、楽しい旅行の始まり始まりじゃなく

 

 

ガチ労働!!_ノフ○ グタリ 

 

 

相方も私もヨスエキスポ駅に着いた時にはもうグッタリ。。。

 

目を開けて死んでました。。。

 

KTXの中では全く何も食べれなかったので

 

私も相方もこの時点でものすごい空腹で

 

到着したヨスエキスポ駅は目の前がすぐにエキスポ跡地なのですが

 

そちらには見向きもせずに、まずは昼食!!

 

私が目をつけていたハモしゃぶしゃぶが食べれる食堂にレッツゴー。

 

ヨスはハモが有名で、日本でいうハモの湯引きみたいなものが

 

ハモしゃぶしゃぶとしてあちこちで提供されています。

 

日本でもハモは高級魚ですけど、ヨスでも同じ。

 

なかなかに強気なお値段設定です。

 

でも、せっかく来たのだから名物を食べなくては!!

 

私たちが向かったお店は『여수바다장어횟집』。

 

私が数日前からネットで色々と調べて、ここに行こうと決めてました。

 

タクシーに乗って運転手さんに住所を伝えて出発。

 

迷うこともなくお店に到着しました。

 

刺身屋や釣り屋などが集まっているところにお店があり

 

どこが目当てのお店なのか迷いましたが(2階にある)何とか到着。

 

子供づれということで座敷席に入れてもらえました。

 

日曜日の昼過ぎという中途半端な時間帯だったので

 

お店の中はちょっと閑散としていました。

 

私たちはハモしゃぶとハモのお刺身が出てくるセットを注文。

 

ハモ刺身

(ハモのお刺身)

 

(ハモのしゃぶしゃぶ、する前)

 

じっとしていない柚を相方と代わり番こで見ながら

 

空腹絶頂の中、格闘ランチタイムのスタードです。

 

ヨスのある地方はたくさんのパンチャン(小さなおかず)が出てくる

 

料理の美味しい地方なのだそう。味付けは少し濃いめです。

 

このお店はハモしゃぶのお鍋に、生きてるイイダコやアワビ、

 

鶏肉なども一緒に入れてくれます。超豪華!!

 

感激しながらお料理を楽しみましたが、私は授乳中なので

 

もちろんノンアルコール!!!

 

これだけは本当に悲しかった。。。。

 

私に似て食べることが大好きな柚は、食べれないですが鍋を見ながら

 

始終ヨダレをダラダラ垂らしておりました。。。。(すまん)

 

しかし、ちっともじっとしてないですし、お店の人が近づいてくると

 

人見知りでそっくり返って号泣するので私ら夫婦大慌て。。。。

 

人がいない時間帯でよかったよ。。。と思いました。

 

お鍋の〆は、こちらも楽しみにしていたお出汁がたっぷり出たスープでラーメン!!

 

ラーメン

 

こんなのもう不味いわけないですよ!!

 

不味い要素が何一つ入ってない!!

 

相方と二人で2袋も入れて完食しました。

 

大満足でした!!

 

昼食が終わったら、とりあえず、まずはホテルへ。

 

本当ならペンションとかで宿泊したかったのですが

 

弾丸旅行だし、ベビーベットとかベビーバスのレンタルもしたかったので

 

色々と細かい注文に対応してもらえるのでホテルにしました。

 

もう少し柚が大きくなったら是非ペンションに泊まりたい。

 

ペンションなら友達家族にも来てもらってゆっくりできますもんね。

 

私たちが泊まったホテルは Hiddenbay Hotel さんです。

 

外観が独特な形のホテルでした。

 

友人家族とはこちらのホテルのロビーで待ち合わせをしていました。

 

友人家族も日韓夫婦で、お友達はお嫁さんの方です。

 

私が1年近く妊娠・出産で日本に帰っていましたし

 

友人も子育てなどで忙しくしていたので

 

本当に2年ぶりくらい(?)に会いました。

 

彼女の子供さんの方が柚より1歳ほど年上で

 

ああ、あと一年もすれば柚もこんなことができるようになるのか!!と

 

私はちょっと感動しましたよ。

 

あと、彼女がベビーサインで子供ちゃん達とやりとりしているのを見て感激。

 

凄いですね。私もできるかしら。。。。

 

ちょっとベビーサインに関して調べてみようかなと思いました。

 

しかし、くっつき虫柚が私が他ごとをするのを許さないので

 

果たしてそんな時間が持てるかどうかが疑問ですが。。。

 

 

友人家族と別れた後、今度は私が行きたかったケーキ屋さんに行きました。

 

ここはタルトが有名なお店みたいです。

 

もちろん、ソウルにはもっと美味しいケーキ屋さんがゴロゴロあると思います。

 

でも、コヤン市の私の家の周辺にはこんなオシャンティなケーキ屋はないの。。。

 

私はフルーツタルトが大好きなので(なのでキルフェボンも大好き)

 

ここは是非行っておきたかったのです(ヨスに来てまでタルトを食う女)

 

私が行ったお店はこちら、『타르타르』。

 

友人家族に会った時このケーキ屋の話をしたら

 

私たちと別れた後に彼女も家族で行ってくれていました(笑)。

 

私たちは夫婦で3個注文。

 

お店では柚がいてゆっくり食べれないので持ち帰って部屋で食べました。

 

ケーキ

 

 

美味しかった♪( ´θ`)ノ

 

 

中途半端な時間にお昼を食べて、

 

これまた中途半端な時間にケーキを3個も食べて、

 

さすがの大食らいな私もすっかりお腹がいっぱいになりました。

 

なので、この日はこの後はお部屋で柚をお風呂に入れて

 

就寝時間までのんびりと過ごしました。

 

本当は屋台街にも行きたかったけれど、柚の就寝時間は8時半。

 

私はこれをかなり厳守しているので今回は諦めました。

 

ただ、せっかく借りたベビーベットを柚が断固拒否

 

前回、私の両親も含めて釜山旅行に行った時は

 

おとなしくベビーベットで寝てくれたので今回も。。。

 

淡い期待を胸にしていたのですがダメでした。。。。

 

なので、ダブルベットの両端に私と相方が寝て

 

柚がその真ん中に寝たんですけど

 

私は相方が柚の方に寝返りをうって柚を潰すのではと

 

始終ヒヤヒヤしていたためほとんど眠ることができませんでした。

 

(我が家では柚がベビーベットで寝ないので、柚と私が一緒に寝て相方は別室で寝ています)

 

そんなこんなで思いがけず家族3人川の字で眠ることになり

 

寝苦しい中、ヨスの1日目は終わりを告げたのでした。

 

 

 

長いので2日目は次回へ!!

 

 

月子

 

Twitter(tukiko101←毎日ぼそぼそ呟いてます★

Instagram(yuzuudon2016←思い出写真も含め毎日少しづつUPしてます★

 

ぽちっとクリックしていただけると、大変励みになります

いつも応援本当にありがとうございます



| 家族旅行 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年06月27日のつぶやき

11:36
洗濯機の底についてる板が毎回外れるようになり、今日LGの修理の方が来てくれた。とても感じのよいお兄さんで、他にも気になることがあったら言ってくださいと他の会社の電化製品も嫌な顔1つせず見てくれた。柔軟性のあるサービスって韓国ならで… https://t.co/qSZTJTRdUc
15:42
出産の記録 4 ー柚、NICUへ入院ー https://t.co/pSsKHfi7Ar #jugem_blog
20:28
RT @kyoto_np: 「京たんごメロン」甘さたっぷり 京都で初出荷 (京都新聞) - LINEアカウントメディア https://t.co/WO5OW0u0wm #linenews @news_line_meさんから
20:28
RT @retrip_gourmet: 京都の夜はここで決まり!いちごたっぷりのお酒が飲める「ソリレス」に注目 | RETRIP[リトリップ] @retrip_news https://t.co/sFh0WpStjH https://t.co/0QoHrn5vjj


| - | 03:21 | - | - |
出産の記録 4 ー柚、NICUへ入院ー

JUGEMテーマ:妊娠中のできごと

JUGEMテーマ:育児

JUGEMテーマ:国際結婚

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:日々徒然

JUGEMテーマ:マタニティ

JUGEMテーマ:日韓カップル

JUGEMテーマ:妊娠・出産・育児準備

 

柚

 

 

柚を産んですぐ、まだ意識が朦朧としている中で

 

生まれたばかりの柚を抱いた看護師さんがそばに来て

 

これから柚をNICUに入院させますと教えてくれました。

 

私がお世話になった病院は出産後は母子同室のスタイルをとっていて

 

妹の場合は産んだ後、数時間経って分娩室から個室に移動したとき

 

娘のパイセンちゃんも一緒にお部屋に移動してきていました。

 

しかし、私はそんな状態だったので

 

柚はNICU、私は大部屋というふうに別々に移動しました。

 

自然分娩の場合は生まれた時の産声を録音してくれたり

 

手形などをとって退院の時にプレゼントしてくれるのですが

 

私は緊急帝王切開だったのでそれもありませんでした(寂しい)。

 

このまま最後まで個室に移動することはないのかと思っていましたが

 

出産後二日目にして個室に空きが出て無事に移動することができました。

 

でも、もちろん柚は一緒の部屋ではありません。

 

ただ、母子同室ではないとはいえ、柚に母乳をあげることに変わりはありません。

 

最初の母乳には赤ちゃんのために大変重要なものが色々と含まれていると

 

妹と一緒に行った母親学級でも習いました。

 

なので、数時間おきに搾乳室に行って、搾乳器で一人で母乳を絞りました。

 

最初は手で絞ろうとしていたのですがうまくいかず

 

助産師さんに教えていただいて電動搾乳機で絞ることに。

 

片方一回15分を両方ぶん絞ります。

 

搾乳中は搾乳機が外れてしまわないように支えていなくてはいけないし

 

また位置が微妙にずれるとうまく搾乳できなくなったりするため

 

他のことをしながら搾乳するということができず

 

15分間他ごとをせずひたすら搾乳に取り組まなくてはいけません。

 

最初はコツがつかめず、なかなか量が取れなかったのですが

 

なんども助産師さんに助けていただきながら練習し

 

最終的には両方同時に搾乳していました。

 

でも、その姿は、まるで両乳にトランペットを反対向けにして突きつけているよう。

 

あまり誰かに見られたい姿ではありません。。。。

 

そして、搾乳は日中だろうと深夜だろうと関係なく数時間ごとに行わねばならず

 

切ったばかりの傷口が痛む中、1日に何度も部屋と搾乳室を行ったり来たり

 

リハビリになると思いながら頑張って移動していました。

 

搾乳した母乳はフィルムケースのようなものに入れて直接NICUに届ける時もあれば

 

会議中や深夜などはナースステーションに預ける時もありました。

 

直接届けに行くときは柚の顔を見ることもできました。

 

ただ、いろいろな医療機器をつけている柚に

 

保育器の中に手を入れて触れることはできても

 

直接抱っこしたり母乳をあげたりはできませんでした。

 

また、私が行くときはいつも柚は寝ていて

 

なかなか目を開けているところに出会うことができませんでした。

 

でも、看護師さんの話では、とにかくよく泣くということで

 

ほんとなのかなーと半信半疑でした(今はわかる、本当であったことが)

 

 

いつになったらよくなるのだろう。

 

いつになったら母子同室になるのだろう。

 

 

そんなことを考えていたあるとき

 

私の部屋に小児科の先生がやってきました。

 

産後三日目ぐらいだったでしょうか。

 

そのときは相方もまだ日本にいて、私の病室に毎日来てくれていました。

 

小児科の先生は女性の方で柚のことについて説明してくれました。

 

肺に入っていた水に関しては入院二日目で問題なくなったこと。

 

しかし、感染症が起きていて熱があること。

 

ただ何の菌で炎症が起こっているのかが未だにはっきりせず

 

このまま検査を続けていかなくてはいけないこと。

 

そのためいつ頃退院できるのか、母子同室を開始できるのかは未定で

 

最悪私と一緒に退院できない可能性もあると言われました。

 

柚は大したことではなくすぐに退院できるだろうと思っていた私と相方は

 

先生の説明を聞いてびっくりしていましまいた。

 

破水から始まった出産。

 

また破水後もなかなか陣痛が本格化しなかったため

 

柚は結構な長時間子宮の中にとどまっていました。

 

やっぱり私が心配していたことが起こっちゃった。。。と

 

とても悲しい気持ちと柚に申し訳ない気持ちと

 

このままどんどん炎症がひどくなったらどうしようという不安と

 

本当に何とも言葉にしようがない思いで胸がいっぱいになりました。

 

そのとき一緒に話を聞いていた相方も

 

(私から説明を受け)大変心配していました。

 

しかし、私たちにできることは何もありません。

 

変わってあげることもできないし、

 

そばについて看病してあげることもできません。

 

とにかく私にできるのは、母乳をたくさん飲ませてあげることぐらい。

 

そう思って、数時間おきに、必死で孤独な搾乳作業を頑張りました。

 

そして、数日後、幸いなことに柚の炎症は何とかおさまり

 

(結局はっきりした炎症の原因はわかりませんでした)

 

熱も下がり始め、保育器から出ることができました。

 

相方はその前に仕事の関係上韓国に帰らねばならず

 

本当に後ろ髪を引かれる思いだったと思います。

 

ですので、私が柚の退院を連絡したときはとても喜んでいました。

 

保育器から出た柚は、それでも数日はNICUに入院しなければならず

 

私は時々行ってドキドキしながらオムツを替えたり抱っこしたり。

 

出産後数日経って、やっと私は直接柚に触れることができるようになりました。

 

 

 

しかし、喜んだのもつかの間

 

今度は柚との授乳戦争が始まったのであります。。。。

 

これもまた壮絶だった。。。。

 

 

 

 

月子

 

Twitter(tukiko101←毎日ぼそぼそ呟いてます★

Instagram(yuzuudon2016←思い出写真も含め毎日少しづつUPしてます★

 

ぽちっとクリックしていただけると、大変励みになります
いつも応援本当にありがとうございます


| 妊娠と出産の話(2016:忘備録) | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年06月26日のつぶやき

20:55
この日曜、月曜とヨス(麗水)に友達に会いに行って来ました。観光はそこそこに、食べたかったものを食べまくって来ました!!やったねー!柚を連れての三時間半KTXの旅はかなりの重労働でしたが、友達にも会えたし美味しいものもたくさん食べれ… https://t.co/kPuKGaQSN8
22:29
最近連絡取れないと思って心配していたら、私の子分たちがヨスエキスポのアクアリウムで拉致されていました。(相方は私はタヌキにそっくりだと言います)久しぶり!! https://t.co/P6RRk158eg
22:30
RT @darumann230: 気が付けば・・・・・ 今年が終わってた。。。゚(゚´Д`゚)゚。 https://t.co/Gnp5WOvklM


| - | 03:20 | - | - |