CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECOMMEND
LINKS
Twitter & instagram
Googlebot

Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー
Counter


Recommend
Ranking


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛へ

にほんブログ村 恋愛ブログへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(韓国人)へ

にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2016年4月〜17年3月生まれの子へ

vにほんブログ村

くる天 人気ブログランキング


恋愛・結婚

OTHERS



2013年に国際結婚した日韓夫婦です
ソウルでの新婚生活数年を経てコヤン市に引っ越し
2016年には日韓ハーフの娘(柚:ゆず)を出産
現在は相方と柚、愛猫のうどんさんとの3人と一匹暮らしです
日韓夫婦の日韓子育てドタバタ生活記録
2016年生まれのお子さんを持つかた
お気軽にコメントいただけると嬉しいです
<< お久しぶりです | main | 妊娠中の出来事 2 >>
妊娠中の出来事 1

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:国際結婚

JUGEMテーマ:妊娠中のできごと

JUGEMテーマ:日々徒然

JUGEMテーマ:京都

 

 

 

 

ブログの世界から遠ざかって数年。

 

色々なことがありました。

 

全部書くことは不可能なので

 

その中でも私が忘備録として残しておきたい妊娠・出産のことを

 

何回かに分けて書いてみようかな−と思います。

 

肩慣らしも兼ねて!!

 

 

私が妊娠に気づいたのは2016年の1月の末でした。

 

妊娠に気づく時期に関しては個人差があるみたいですが

 

私は多分ものすごい初期段階で気づいた方じゃないかなと思います。

 

なんか変だと思った症状としては

 

1. 唇がやたらと乾燥して皮がむけた

 

2. 頭痛がし始めて風邪のような症状が出た

 

3. とてもひどい口内炎が出来て治らない

 

の3点がとても印象的で覚えてます。

 

もしかして妊娠してるんじゃないかなと思いつつ

 

日本で用事があった私は一時帰国しました。

 

その時に少し前に結婚した妹に相談してみようと思ってました。

 

私が京都についたとき

 

両親と妹夫婦がリムジンバスの乗り場まで迎えに来てくれていたのですが

 

はっと妹を見た瞬間から『ん??』っと何か感じました。

 

それが何かはわからなかったんですが

 

夕食をみんなで食べようとお店に向かっている最中に

 

『ん、ん、ん、ん〜????』っと…。

 

で、お店で妹がローストビーフはやめておくというのを聞いて

 

『こ、これはもしかして妹、妊娠しているのでは?』と。

 

で、母親にこっそり尋ねてみると

 

『あー、やっぱりわかっちゃった?そうなのよー(笑)』

 

というではありませんか!!

 

私は内心超ビックリしてしまいましたが

 

とりあえずそこは『あ〜、やっぱりね、なんかそうかなーって』

 

冷静に切り返すだけにとどめました。

 

だって私はまだ検査薬で検査できる段階でもなく

 

あくまでも私が1人で『そうかもしれない』と思っているだけ。

 

違う可能性もあったからです。

 

しかし、相談しようと思っていた妹がまさかの妊娠。

 

私、自分のことを言うに言い出せなくなり

 

とりあえず妹におめでとう〜と言いながらの食事になりました。

 

既につわりが始まっていた妹はかなりしんどそうで

 

そんな様子を見ていると、これからの自分を思って

 

だ、大丈夫かな…と不安になりましたね。

 

 

 

そもそも、私は子供が好きではなく(なぜか子供にも嫌われる)

 

自分が親になって子育てをするというイメージがなかなか持てない人間でした。

 

ちゃんと愛せるのかな、とか

 

責任を持って一生親としてやっていけるのかな、とか

 

元々が不安がりなので、子供を生むということに関して

 

なかなかポジティブな気持ちになることが出来ませんでした。

 

また、語学堂時代に、日韓ハーフの子たちと会うことが多く

 

アイデンティティをどのように形作っていくのか迷っている姿などを見て

 

なかなか大変な面もあるのだなぁと感じたりもしていました。

 

私は自分で選択して国際結婚をし

 

こうして海外で暮らすことも自分で決めてやってきました。

 

でも、生まれてくる子供は選択することも出来ず

 

まだまだややこしい問題を抱えているところもある日本と韓国のハーフとして

 

さあ、やっていってくださいといわれるわけで

 

私は親としてそれをサポートしていってあげられるのかな

 

自分が1人適応して生活していくだけでも

 

大変なことや慣れないことに打ちのめされることもあるというのに

 

そんなこと可能なのかな…とか

 

考え出すと子供がいない夫婦の形もありなのではと思ったりしていて

 

両親や妹にもそのことで結構色々と相談していました。

 

なので、私の家族は、

 

私は子供を持たない可能性が高いと考えていたと思います。

 

その後、色々なことがあり、私の気持ちも少しづつ変化し

 

子供を持ってもいいかなという思いが生まれてきました。

 

でも、まだまだ、自分の中で覚悟がきちっとできている段階ではなく

 

日本の家族にはそのあたりの事をまだ話していなかったので

 

そのことが、私の言い出しにくさにますます拍車をかけていました。

 

そのような状況の中、

 

私の2週間ほどの日本一時帰国ライフが始まりました。

 

 

長いので、続く!!

 

 

月子

 

Twitter(tukiko101←毎日ぼそぼそ呟いてます★

Instagram(yuzuudon2016←思い出写真も含め毎日少しづつUPしてます★

 

★文章を書くって楽しい★

★でも、難しい
★ってか文章をくことが久しぶりすぎてびっくり★
ぽちっとクリックしていただけると、大変励みになります
いつも応援本当にありがとうございます

 



| 妊娠と出産の話(2016:忘備録) | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://cheroe-0311.jugem.jp/trackback/764